Apple、「MacBook」シリーズのコーディング剥がれの無償修理対象モデルから2013〜2014年モデルを除外

Appleは、以前より一部の「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル」と「MacBook」にてディスプレイの反射防止コーディングが剥がれてしまう問題に対応するリペアプログラムを実施していますが、MacRumorsによると、同プログラムの対象モデルから2013〜2014年モデルが除外されたことが分かりました。

これは同サイトが入手したAppleの認定サービスプロバイダ向けの内部文書から明らかになったもので、現在対象となっているモデルは以下のモデルで、プログラム開始当初は対象だった2013〜2014年モデルが除外されています。

・MacBook Pro (13-inch, Early 2015)
・MacBook Pro (15-inch, Mid 2015)
・MacBook Pro (13-inch, 2016)
・MacBook Pro (15-inch, 2016)
・MacBook Pro (13-inch, 2017)
・MacBook Pro (15-inch, 2017)
・MacBook (12-inch, Early 2015)
・MacBook (12-inch, Early 2016)
・MacBook (12-inch, Early 2017)

また、現時点では2018年以降に発売されたモデルは対象となっていません。

なお、本プログラムは正式に発表されていないのですが、問題がある場合、購入から4年間は無償修理で対応するものとなっており、もし問題が発生したユーザーはAppleのサポートに相談してみると良いと思います。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。