トリニティ、リストバンド型ウェアラブルデバイス「weara」の発売を2月以降に延期

本日、トリニティが、リストバンド型ウェアラブルデバイス「weara」の発売を延期すると発表しました。

「weara」は24時間365日のウェアラブルデバイスとして、これまでにないデザインとバッテリーライフ、使い続けるためのアプリやサービスを提供すべく開発を続けてきたものの、現状ではユーザーが満足出来る状態での発売開始が見込めないと判断し、2月以降に発売を延期するとのこと。

当初は2020年1月の発売予定で、先日にはクローズドベータテストも開始されていただけに残念ですが、より良い製品となって発売されることを期待。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。