Apple、日本で「Apple」の商標を自動車とその部品が対象となる区分で出願

Appleは以前より自動運転車の開発プロジェクト「Titan」を進めていると言われていますが、それに関係しているのかは分からないものの、Appleが日本で「Apple」の商標を自動車やその部品が対象となる商標区分の第12類で出願していたことが分かりました。

商標区分の第12類は自動車を含む乗物やその部品が対象の区分となっており、あくまで防衛目的での商標登録である可能性もありますが、将来的に「Titan」を製品化した際のことを考慮しての出願である可能性もあります。

なお、出願日は5年半前の2014年4月30日で、公開日が昨日の2019年12月10日となっています。

[via 商標速報bot

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。