Adobe、iOS/Android向けのカメラアプリ「Adobe Photoshop Camera」を発表

本日、Adobeが、米ロサンゼルスで開催した「Adobe MAX 2019」において、iOSおよびAndroid向けのカメラアプリ「Adobe Photoshop Camera」を発表しました。

「Adobe Photoshop Camera」は、「Photoshop」の強力な写真加工技術の一部を組み込んだカメラアプリで、同社のAIプラットフォーム「Adobe Sensei」を用いて、ポートレート、風景、自撮り、食べ物といったシーンごとに、最適なダイナミックレンジや色調に調整してくれ、仕上がりは複数のパターンから選択可能となっています。

また、エフェクトを加えて写真を加工できる「レンズ」機能も搭載され、リアルタイムでエフェクトを加えて撮影でき、レンズの種類は様々な種類が用意される他、アーティストなどとのコラボレンズなども用意されるとのこと。

なお、正式リリース時期は2020年の予定です。

ニュースリリース(英語)

[via ITmedia

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。