「Windows 10X」の内部文書が流出し、一部詳細が明らかに

The VergeWindows Centralによると、Microsoftの「Surface Neo」に搭載される2画面折り畳み式デバイス向けOSである「Windows 10X」の内部文書が流出し、「Windows 10X」の一部詳細が明らかになりました。

まず、Windowsでお馴染みの”スタートメニュー”は「Windows 10X」では”ランチャー”と呼ばれており、その”ランチャー”にはデバイス内とOneDrive上のファイルなどを検索出来る検索バーがあり、その下にはインストール済みのアプリがWebアプリと共にまとめて表示されるようになっています。

また、「Windows Hello」の顔認証システムも改善されており、画面がオンになるとずぐに認証状態になり、素早くロックを解除しデスクトップ画面に移行出来るようになっています。

さらに、「Modern File Explorer(モダンファイルエクスプローラー)」についても言及されており、UWP版ファイルエクスプローラーとみられ、タッチフレンドリーでOffice 365、OneDrive、およびその他のクラウドサービスに保存されているドキュメントへのアクセスが簡単になるとのこと。

他にも、アクションセンター(通知センター)とクイックアクションも簡素化され、重要なデバイス設定へ素早くアクセス出来るようになる他、通知はクリックアクションエリアから分離され、タスクバーについては中央揃えと左揃えで選択可能になる模様。

スポンサーリンク