「iPhone SE」の後継モデルは新しいアンテナ設計を採用か − 部品は2020年初頭にも供給開始

MacRumorsによると、Apple関連の情報では定評のあるアナリストのMing-Chi Kuo氏が、「iPhone SE」の後継モデルは2020年第1四半期末までに発売されるようだと報告していることが分かりました。

同氏の最新の調査報告によると、「iPhone SE」のような安価モデルの後継機種は、アンテナ設計が液晶ポリマー(LCP)製になり、Career TechnologiesとMurata Manufacturingの2社がそのアンテナ部品の供給し、両社は2020年初頭にも供給を開始する模様。

今回のレポートではそれ以上の詳細は触れられていませんが、これまでの情報では「iPhone 8」をベースにした安価モデルになるとの見方が濃厚で、A13 Bionicと3GBのRAMが搭載されるものとみられています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。