「iOS 13」のダークモード、「iPhone」のバッテリー駆動時間を大幅に改善

「iOS 13」では新たにダークモードが利用可能になりましたが、PhoneBuffが実施したテストの結果、「iOS 13」のダークモードはバッテリー駆動時間にも大きく影響することが分かりました。

テストは、「iOS 13」を搭載し、ディスプレイの明るさを同じ200nitに設定した「iPhone XS」を利用して、ライトモード時とダークモード時のバッテリー駆動時間を比較したもので、テスト内容は「メッセージ」、「Twitter」、「YouTube」、「Google マップ」の各アプリで様々な操作をロボットを使用して行うといったもの。

結果は、ダークモード時はライトモード時よりも遙かに遅いペースでバッテリーを消耗することが分かり、ライトモード時でバッテリー残量がゼロになった時点で、ダークモードではまだ30%もバッテリー残量が残っているといった結果になりました。

これは「iPhone XS」に搭載されている有機ELディスプレイが大きく影響しており、有機ELはバックライトの光に頼らずそれぞれのピクセルが独自に発光し、黒を表現する場合にはピクセルを消灯させることから、ダークモードの利用は消費電力の大幅な削減に繋がり、バッテリー駆動時間が長くなります。

なお、「iPhone」シリーズで有機ELディスプレイを採用しているのは、「iPhone X」、「iPhone XS/XS Max」、「iPhone 11 Pro/11 Pro Max」となっており、これら以外の「iPhone」では上記ほどの差は出ないものと考えられます。

[via 9To5Mac

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。