Apple、「Compressor 4.4.5」をリリース

本日、Appleが、「Compressor 4.4.5」をリリースしています。

今バージョンでの変更点は下記の通り。

  • 新しいMetalベース・プロセッシング・エンジンによって、再生タスクのほか、レンダリング、合成、書き出しなどのグラフィックスタスクのパフォーマンスが向上
  • Mac ProでのマルチGPU(Radeon Pro Vega IIやRadeon Pro Vega II Duoなど)に対応し、グラフィックスのパフォーマンスが向上
  • Mac Proでの最大28コアのCPUに対応し、CPUパフォーマンスの最適化を実現
  • Mac ProでAfterburnerカード使用時のProResおよびProRes RAWの再生速度が向上
  • Pro Display XDRで圧倒的な美しさのHDR(ハイダイナミックレンジ)ビデオを表示および配信
  • macOS CatalinaでCompressorの使用時に、互換性のあるSDR(標準ダイナミックレンジ)ディスプレイに対してトーンマッピングされたHDRビデオを表示
  • マルチGPU全体でのグラフィックス処理の負荷分散を改善

なお、価格は6,000円で、既存のユーザーはMac App Store(ソフトウェアアップデート)よりアップデート可能です。

Compressor – Apple
 

iPhone 11シリーズの購入はこちら

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。