Apple、「Apple Watch」向け「睡眠」アプリの存在をうっかり公開か

先月の「iPhone 11」シリーズや「Apple Watch Series 5」の発表イベントの開催前に、Appleが「Apple Watch」向けの睡眠トラッキング機能を発表するかもしれないとのがあったものの、実際には何も発表されなかったのですが、本日、Appleが「睡眠」アプリを準備していることが明らかになりました。

これは「Apple Watch」向けの「Alarms」アプリのスクリーンショットから明らかになったもので、スクリーンショット(上記画像)には、現時点でリリースされていない「Sleep(睡眠)」アプリに言及しています。

現時点で「watchOS 6.0.1」や「watchOS 6.1 beta」には「Sleep」アプリは搭載されておらず、「Sleep」アプリがいつ提供されるのかは不明ですが、何らかの準備が進められているのことは確かな模様。

なお、以前の噂では、睡眠トラッキング機能は特別なハードウェアは必要とせず、複数のセンサーを利用してユーザーの睡眠の質をトラッキングすることが可能と言われています。

[via MacRumors

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。