「Surface Book 2/Pro 6」のCPUの動作周波数が400MHzになる不具合、まもなく修正へ

先月、最新のファームウェアアップデートを適用した「Surface Book 2」と「Surface Pro 6」で、CPUの動作周波数が400MHzまでに制限される不具合が報告されていることをお伝えしましたが、Microsoftが同問題を修正するアップデートのリリースに向けテストを開始していることが分かりました。

問題の原因については不明で、部品が過熱した際にシステムに動作周波数を抑制させる機能が誤って動作しているのではないかとみられており、同社も発覚後すぐに問題を認識し、修正に向け取り組んでいるとのことを明らかにしていました。

MicrosoftのエンジニアであるEddy Atinda氏によると、同問題を修正するアップデートは現在テスト中で、同社の品質基準をクリアすればすぐにでもWindows Upadate経由で配信を開始する予定とのことなので、問題に遭遇しているユーザーはあと少しの辛抱のようです。

[via Windows Latest

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。