「Windows 10」搭載端末が9億台を突破 − 来年には10億台の大台に突入へ

本日、米Microsoftが、「Windows 10」が稼働している端末の台数が9億台を突破したことを発表しました。

a href=”https://taisy0.com/wp-content/uploads/2021/02/windows10logo2021.jpg”>

これは同社の各種製品やサービスに関する数字を公開するページ「by the Numbers」で明らかにされたもので、8億台突破が今年3月だった為、約半年で1億台増加したことになり、来年には10億台の大台を突破する可能性が高そうです、

なお、この数字には「Windows 10」搭載PCだけでなく、スマートフォン、Xbox One、HoloLensヘッドセット、IoTデバイス、Surface Hubなども含まれており、これまでの推移は下記の通り。
(日付は発表日)

・2015年7月29日:正式リリース
・2015年7月30日:1,400万台
・2015年8月27日:7,500万台
・2015年10月6日:1億1,000万台
・2016年1月4日:2億台
・2016年3月30日:2億7,000万台
・2016年5月5日:3億台
・2016年6月29日:3億5,000万台
・2016年9月26日:4億台
・2017年5月11日:5億台
・2017年11月30日:6億台
・2018年9月26日:7億台
・2019年3月8日:8億台
・2019年9月25日:9億台

[via The Verge

iPhone 11シリーズの購入はこちら

1 COMMENT

匿名

2年遅れての達成かな?
でも相変わらず不評だ。
大丈夫か?Microsoft。

現在コメントは受け付けておりません。