Apple、ディスプレイ内蔵型の指紋認証技術を開発中 − 早ければ2020年発売の次期iPhoneに搭載へ

本日、Bloombergが、計画に詳しい人物の話として、Appleは2020年に発売する次期iPhone向けにディスプレイ内蔵型の指紋認証技術を開発していると報じています。

同技術はApple内部と海外サプライヤーの両方でテスト中で、テストが成功した場合、2020年に発売される次期iPhoneにこの技術が導入されることが検討されているようですが、導入時期は2021年モデルまで遅れる可能性があるとのこと。

指紋センサーをディスプレイに内蔵することにより、ディスプレイの大部分で指紋をスキャン出来るようになります。

なお、昨日に2020年春に発売されると報じられた「iPhone SE」の後継モデルについては、引き続き、ホームボタンにTouch IDが搭載される模様。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。