新型「iPhone」のコードネームに関する情報がまた登場 − 「iPhone XR」の後継モデルのベンチマークデータは本物か

先月、9To5Macが、まもなく発表される新型「iPhone」シリーズの内部コードネームを報じていましたが、本日、Microsoft関連のセキュリティ研究家で、リーカーでもあるLonghorn氏が、「A13」チップを搭載する新型「iPhone」の内部コードネームに関する情報を公開しています。

その内部コードネームは、D42、D421、D43、D431、N104の5種類があり、D42が「iPhone XS」の後継モデル、D43が「iPhone XS Max」の後継モデル、N104が「iPhone XR」の後継モデルと言われており、D421とD431はD42とD43の何らかの派生モデルと考えられます。

また、本日、「iPhone XR」の後継モデル(N104)のものとされるベンチマークデータが明らかになりましたが、同氏は本物だと思っているようです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。