次期「iPhone」シリーズは引き続きLightningコネクタを採用 − コードネームや機種IDなどの情報も

本日、9To5Macが、次期iPhoneこと「iPhone 11」シリーズに関する情報を報じており、Appleは今秋に3つの新しい「iPhone 11」シリーズを発売する予定。

「iPhone 11」シリーズにはApple A13チップが搭載され、全てのモデルが引き続きLightningコネクタを採用し、各モデルの内部コードネームと機種IDは「iPhone XS」の後継モデルが「D42/iPhone12,3」、「iPhone XS Max」の後継モデルが「D43/iPhone12,5」、「iPhone XR」の後継モデルが「N104/iPhone12,1」になるそうです。

また、「D42」と「D43」はOLED Retinaディスプレイを、「N104」は現行と同じLiquid Retina ディスプレイを搭載し、3モデルとも現行モデルと同じディスプレイ解像度になるとのこと。

さらに、「leap haptics」というコードネームの新しいタイプの「Taptic Engine」を搭載する予定であるものの、同エンジンがどのような機能で利用可能になるのかなど、詳細は不明。

5 COMMENTS

匿名

Who knows と言いたくなるくらい・・・
If this leaked information is truth…

匿名

今年のiPhoneも、出す前から変わり映えしない保守路線で低迷が見えたな

匿名

とりあえず、電池交換で今のままでいいや。

現在コメントは受け付けておりません。