「iPhone XR」の後継モデルのベンチマークスコアが明らかに?? ー 4GBのRAMを搭載か

Appleは現地時間9月10日の発表イベントで新型「iPhone」シリーズを発表するものとみられていますが、MacRumorsによると、そのイベントを前に「iPhone XR」の後継モデルとみらえるデバイスのベンチマークデータがGeekbenchに投稿されていることが分かりました。

機種IDは「iPhone12,1」、マザーボードの型番は「N104AP」となっており、以前に「iPhone XR」の後継モデルの内部コードネームと機種IDは「N104/iPhone12,1」になると報じられたものと同じ内容となっています。

これが本当に「iPhone XR」の後継モデルのものかは確認出来ないものの、「iOS 13.1」を搭載している他、6コアのプロセッサと4GBのRAMを搭載しており、これが本当であればRAMの容量は3GBから4GBに増量される模様。

また、ベンチマークスコアはシングルコアが5415、マルチコアが11294で、「iPhone XR」に比べて、シングルコアで12〜13%のパフォーマンス向上が行われており、マルチコアはほぼ同等となっていますが、これについては正常に計測出来ていないとの見方があります。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。