Microsoft、Chromium版「Microsoft Edge」のベータ版を提供開始

Chromiumベースの「Microsoft Edge」は、これまでCanaryチャンネルとDevチャンネルが提供されてきましたが、本日、Betaチャンネルの提供が開始されました。

Canaryチャンネルは毎日更新、Devチャンネルは毎週更新となっていますが、Betaチャンネルは6週間後とにメジャーアップデートを実施する仕組みで、DevビルドおよびCanaryビルドから得られた知見や改善が反映され、より安定したバージョンとなっています。

なお、BetaビルドはWindows 10だけでなく、macOS、Windows 8.1/8/7向けにも提供が開始されています。

Microsoft Edge Insider Channels

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。