「Windows 10 Build 18362.266」ではChromium版「Edge」をインストールすると古い「Edge」が非表示に

Neowinによると、Windows Insider ProgramのRelease Preview リング向けにリリースされた「Windows 10 build 18362.266」では、Chromiumベースの「Microsoft Edge」の開発ビルドをインストールすると、既存の「Microsoft Edge」がスタートメニューから非表示になることが分かりました。

「Windows 10 build 18362.266」にChromium版「Microsoft Edge」をインストールすると、Windows検索やアプリリストには既存の「Microsoft Edge」が表示されなくなるとのこと。

実際に削除されている訳ではなく、あくまで非表示になるだけですが、Chromium版「Microsoft Edge」への置き換えに向け徐々に準備が進められていることが分かります。

スポンサーリンク

関連エントリ

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな40代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。