Apple、2020年発売の「iPhone」に最大120Hzのリフレッシュレートに対応したディスプレイを採用か

プロセッサ関連やSamsung関連の情報をリークしているIce universe氏(@UniverseIce)が、Appleは2020年に発売する「iPhone」にリフレッシュレートを60Hzと120Hzとで切り替えることが出来るディスプレイの採用を検討しているようだと報告しています。

また、既にこのディスプレイについてSamsungとLGと協議を行っているとのこと。

Appleは既に「iPad Pro」で最大120Hzのリフレッシュレートに対応した”ProMotion テクノロジー”を採用しており、この機能が「iPhone」でも採用されるものと予想されます。

なお、リフレッシュレートは高い方が滑らかに描画でき、下記ツイートの動画はProMotionに対応したiPad Pro(画面右)と非対応モデルのウェブページのスクロール時の動作を比較した映像となっています。

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。