Chromium版「Microsoft Edge」、「Windows 10 20H1」で標準のブラウザに??

現在、MicrosoftはChromiumベースの「Microsoft Edge」の開発を進めているものの、正式なリリース時期はまだ明らかになっていませんが、来春に正式リリース予定の「Windows 10」向けの次期大型アップデート「20H1」ではChromium版「Microsoft Edge」が標準のブラウザになるかもしれないことが分かりました。

これはMicrosoftウォッチャーのRafael Rivera氏が明らかにしたもので、「Windows 10」の最新のプレビュービルドである「build 18936」にはChromium版「Microsoft Edge」が「20H1」ビルドで標準のブラウザになることを示唆するコードが含まれているそうです。

なお、「20H1」は来年3月に完成し、4〜5月に一般向けにリリースされる予定で、Chromium版「Microsoft Edge」は「20H1」のリリースに合わせて正式リリースとなるのか、それよりも前に正式リリースとなるのかはまだ不明です。

[via Softpedia

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。