Chromium版「Microsoft Edge」のCanary/Devビルドが日本語表示に対応

MicrosoftのChromium版「Microsoft Edge」のCanaryビルドとDevビルドが日本語表示に対応しています。

最新ビルドであるBuild 77.0.211.2では、日本語を含む11カ国語に対応しており、ユーザーインターフェイスの表示言語を日本語に切り替えることが可能となっています。

表示言語を日本語化する方法は下記の通り。

  1. 設定画面(…>Settings)へアクセスし「Languages」セクションを開く
  2. 「Add language」ボタンをクリックし、“Japanese(日本語)”を探して追加する
  3. “Japanese”の「…>Display Microsoft Edge in this language」オプションを有効化
  4. 「Microsoft Edge」を再起動

なお、現在のところ表示言語の日本語化はWindows版のみで、macOS版はまだ未対応です。

[via 窓の杜

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。