2020年発売の次期iPhone、一部モデルでノッチを廃止か

MacRumorsによると、Apple関連の情報では定評のあるアナリストのMing-Chi Kuo氏が、2020年に発売される次世代iPhoneでは、少なくとも1つのモデルにより小型化されたフロントカメラが搭載される予定で、ノッチがより小型化される可能性があると報告していることが分かりました。

また、Credit Suisseのアナリストも2020年に発売される次世代iPhoneは、ノッチやFace IDが廃止されるモデルが少なくとも1つは用意されると予測しています。

さらに、2021年には全てのモデルでノッチが廃止され、ディスプレイ下にフロントカメラが搭載され、ディスプレイ内蔵型の指紋センサーが搭載されるものと予想されています。

13 COMMENTS

匿名

逆に初めからいつか無くなることが目に見えてるからこそあんな醜悪なもの使いたくないと思うわ。

匿名

Appleは宗教ってことがよくわかる何ら生産性のない感情的な返信だな

匿名

いやないだろ。赤外線カメラでないと実現できないアプリもあるし退化だろ

T

「Face IDのセンサー類も、ディスプレイ下に配置」とかだとアツイなぁ。

匿名

あるより無い方がいいとは思うけど
ノッチあるから買わないとか醜いとか言ってる人はなんか怖いわ

匿名

あの造形を醜いと感じないのは人間としての根本的な審美眼が欠如してる

匿名

まぁ、「美学」とまでは言わないにせよ、
ノッチは無けりゃ無いに越したことはないのは確か。
上でも書かれてたけど、Face IDのセンサー類もインカメラも全部ディスプレイ下に格納して、
なおかつTouch IDのセンサーもディスプレイ内に格納して、
真のスッキリディスプレイのiPhoneが完成すれば最高です。

現在コメントは受け付けておりません。