新型「MacBook Air」と「MacBook Pro 13インチ」の新しいエントリーモデルも「キーボード修理プログラム」の対象

今年5月、Appleは特定の「MacBook」、「MacBook Air」、「MacBook Pro」のごく一部のキーボードに問題が発生する場合があることが判明したことから、対象となるモデルのキーボードを無償修理する「MacBook、MacBook Air、MacBook Pro キーボード修理プログラム」を実施していますが、本日新たに発売された新型「MacBook Air」と「MacBook Pro 13インチ」の新しいエントリーモデルも同プログラムの対象になることが分かりました。

Appleは同プログラムのページを更新し、本日発売された「MacBook Air (Retina, 13-inch, 2019)」と「MacBook Pro (13-inch, 2019, Four Thunderbolt 3 Ports)」(全ての13インチモデル)が対象となることを案内しています。

発生する症状は、文字が勝手に反復入力される、文字が表示されない、押したキーがスムーズに跳ね返ってこない、または、キーを押した時の反応が一定しないといったもので、もしこれら新モデルでも症状がある方はAppleやApple 正規サービスプロバイダで無償修理が行われます。

MacBook、MacBook Air、MacBook Pro キーボード修理プログラム
MacBook Pro – Apple
MacBook Air – Apple

[via 9To5Mac

スポンサーリンク

関連エントリ

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな40代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。