Apple、早ければ来年にも折りたたみ式「iPad」を発売か

台湾の経済日報によると、市場調査会社のIHS MarkitのアナリストであるJeff Lin氏が、Appleは早ければ2020年にも折りたたみ式の「iPad」を発売するとの予測を公開したことが分かりました。

その折りたたみ式「iPad」のディスプレイは開くことで「MacBook」とほぼ同じ大きさまで拡大するようで、プロセッサにはAppleの「A」シリーズプロセッサを搭載し、次世代通信規格の5Gにも対応するとのこと。

なお、この折りたたみ式「iPad」のサプライヤーに関する情報も公開されており、ヒンジに関しては「MacBook」シリーズ向けのヒンジを供給している新日興が供給し、タッチパネルモジュールはGISやTPK、筐体は可成科技やFoxconnなどの名前が挙げられています。

9 COMMENTS

匿名

すでに曲がるiPad、iPhoneは何台も発売済のはず

T

ただのノートPC型iPadだったりして。
(キーボードは物理キー)

匿名

数年後のApple信者「折り畳み式タブレットの起源はiPad(キリッ」

匿名

iPad miniが畳めるとポケットに入るんだけどな。
半分じゃなくて倍にする気なのかな。

現在コメントは受け付けておりません。