「MacBook Pro 15インチ」のバッテリー過熱によるリコール、実際に問題が発生した製品の写真公開

先日、Appleが一部の旧世代の「MacBook Pro 15インチ」のバッテリーが過熱し、防火安全上の問題が発生する可能性があることが判明したことから対象となるバッテリーを無償交換する「15インチ MacBook Pro バッテリー自主回収プログラム」を発表しましたが、実際にその問題が発生した「MacBook Pro 15インチ」の写真が公開されました。

写真を公開したのはデザイナーのSteven Gagne氏で、同氏曰く、充電中ではなく、スリープモードにしていた「MacBook Pro 15インチ」のバッテリーが爆発・発火し、家が煙で充満したそうです。

写真を見る限り、底面の一部は焼け焦げており、トラックパッドの隙間からも煤が漏れていることが分かります。

なお、「15インチ MacBook Pro バッテリー自主回収プログラム」の対象となるのは主に2015年9月から2017年2月までの間に販売された「MacBook Pro 15インチ」となっており、対象のモデルを持っている方は早めに対応した方が良さそうです。

15インチ MacBook Pro バッテリー自主回収プログラム

[via MacRumors

「MacBook Pro 15インチ」のバッテリー過熱によるリコール、米国では約43万台が対象 − 問題発生の報告数は26件

Apple、「15インチ MacBook Pro バッテリー自主回収プログラム」を発表

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。