中国では早くも次期iPhoneのクローンが登場

次期iPhoneシリーズは例年通り9〜10月に発表・発売されるものと予想されますが、中国では早くも次期iPhoneのデザインを模したクローンが登場しているようで、その実機映像が公開されています。

実際には次期iPhoneがまだ発表・発売されていないのでクローンというのもおかしいのですが(厳密に言うとこっちがオリジナル?)、そのクローンは次期iPhoneシリーズでも「iPhone XS Max」の後継とされる「iPhone 11 Max」(仮称)を模したもので、外観上の特徴である正方形状に出っ張ったリアカメラユニットが再現されています。

中身のOSはAndroidとみられ、実際に動作し、底面の充電用ポートはLightningではなく、USB-Cに置き換えられています。

次期iPhoneが実際にこのデザインになるのかは不明ですが、これまでの噂通りであれば、このクローンのような見た目になる可能性が高そうです。

[via Twitter

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。