Microsoft、ARMベースの「Surface Pro」やAMD製APUを搭載した「Surface Laptop」をテスト中か

Petriが、Microsoftは今秋に「Surface」を中心とした発表イベントを開催する予定で、新型「Surface」シリーズを発表するようだと報じています。

新型「Surface」シリーズは外観デザインはあまり変わらないものとみられ、主に内部仕様のアップデートとなる見込みで、Surface Connectの代わりにUSB-Cポートが採用され、Thunderblot 3はサポートされない模様。

また、詳しい理由は書かれていないものの、MicrosoftとIntelの関係が不安定であることから、Microsoftは「Surface Laptop」のAMD Picasso SoC搭載モデルをテストしており、さらに同社は「Surface Pro」のARMバージョンもテストしているとのこと。

MicrosoftはQualcommと協力して「Excalibur」というコードネームの「Snapdragon 8cx」系のカスタムチップを開発しているそうです。

ただ、Intel製プロセッサを搭載したモデルを完全に廃止する予定はなく、前述したカスタムチップは「Surface Pro」のエントリーモデルに採用されるのかもしれないと予想されています。

さらに、同社は「Carmel」というコードネームの再設計された「Surface Pro」も開発しているようですが、この新しいデザインの採用は来年まで持ち越しとなったようです。

[via Windows Central

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。