Microsoft、キーボードの「メニューキー」を「Officeキー」に置き換えることを検討中か

Microsoft関連のリーク情報などでお馴染みのWalkingCat氏によると、Microsoftが、キーボードのメニューキー(別名:アプリケーションキー)をOfficeキーに置き換えることを検討していることが分かりました。

これは同社が行ってる社内調査から明らかになったもので、あまり使われていないメニューキーをOfficeキーに置き換えた新しいキーボードをテストしており、OfficeキーとO、T、W、X、P、Dとの組み合わせでOutlookやTeams、Word、Excel、PowerPointなどのアプリの切り替えを素早く行える模様。
(メニューキーとは、スペースキーの右側のALTキーの横にあるキーのことで、Windowsでは押すとメニューが表示されます)

社内調査では、追加して欲しいOfficeキーを利用したショートカットや、ラップトップにOfficeキーが搭載されて欲しいかも質問しており、実際に採用されるのかは不明ですが、もしかしたら同社が販売するキーボードやSurfaceシリーズにOfficeキーが搭載されるのかもしれません。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。