Apple、「iTunes」廃止に伴う「App Store」のURL変更を開発者に案内

今秋に正式リリース予定の「macOS Catalina」では、「iTunes」が解体され、「ミュージック」、「TV」、「Podcast」の3つのアプリに移行しますが、Appleが開発者に対しApp Storeのリンク(URL)が変更されることを正式に案内しています。

これまでApp StoreのアプリのURLは「itunes.apple.com」で始まっていましたが、「apps.apple.com」から始まるURLに置き換えられ、この変更は「WWDC19」の前から実施されており、今回、ようやく開発者に正式発表となりました。

なお、「itunes.apple.com」で始まる既存のリンクは引き続き機能し、自動的に「apps.apple.com」にリダイレクトされるようになっています。

Updated App Store Links – Apple

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。