「iPhone XR」の後継モデルはバッテリー容量が僅かに増加か

韓国のThe Elecによると、中国のAmeperx Technology Limitedが、iPhone XRの後継モデル用のバッテリーの量産を開始したようです。

次期iPhone XR用のバッテリー容量は3110mAhで、現行モデルの2942mAhから168mAh増加しており、次期モデルではバッテリー駆動時間の向上が期待出来そうです。

歴代iPhoneシリーズの中で一番バッテリー容量が大きいのはiPhone XS Maxの3174mAhですが、iPhone XS Maxのバッテリーセルは2つのセルを繋げた2セル式となっており、単一のセルを採用したバッテリーでは次期iPhone XRのものが史上最大容量となる見込みです。

なお、iPhone XS/XS Maxの後継モデル用のバッテリーに関してはまだ量産は開始されていないとのこと。

[via cnBeta

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。