Apple、「iOS 13」を発表 − ダークモードに対応

本日、Appleが「WWDC19」において、次期「iOS」こと「iOS 13」を発表しました。

「iOS 13」はパフォーマンスが向上し、Face IDは30%高速化、アプリの起動は2倍高速化されており、新たにダークモードが搭載されました。

キーボードはスワイプでの入力が可能になり、「ミュージック」アプリは音楽に合わせた歌詞の自動表示に対応し、「リマインダー」アプリはゼロから書き直されており、AIを使った分別などが特徴に。

また、「マップ」アプリでは、2019年内に米国で新しい地図の提供を開始する予定で、「Google マップ」のストリートビューのような「ルック・アラウンド」機能も搭載され、新しい地図は将来的に他の国にも拡大予定です。

様々なアプリやサービスにサインインする際に必要以上のユーザーデータアクセス許可を拒否して簡単にサインインできるようになる「Sign in with Apple」の機能も提供され、サインイン用に使い捨てのランダムなメールアドレスも提供へ。

「メッセージ」アプリでは、「ミー文字」にメイクやアクセサリの新しいオプションが追加され、「ミー文字」のステッカーも利用可能になります。(A9チップ以降搭載のデバイスでのみ利用可能)

「カメラ」アプリでは、ポートレートライティング機能が改良され、照明の強さを変更可能になり、「写真」アプリでは色温度やシャープネスなどの細かい編集が可能になった他、写真の月別や年別の表示画面も刷新されます。

さらに、「AirPods」では「Siri」を使ってメッセージを送信することが可能になり、「Siri」はよりスムーズに話すようになり、「CarPlay」ではSiriがサードパーティ製アプリでも利用可能になります。

なお、「iOS 13」の開発者向けプレビュー版は本日より、パブリックベータ版は7月に提供が開始され、今秋に正式にリリース予定です。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。