iPad向けの「iOS」は「iPadOS」になることが明らかに

「WWDC19」の開幕まであと30分を切りましたが、「WWDC19」を前にAppleが「Apple Developer Program License Agreement」を更新し、「WWDC19」では新たに「iPadOS」なるものが発表されることが分かりました。

Appleは「iOS」のブランドからiPadを分離する予定で、「iPadOS」が新たに用意されるようです。

これまで次期iOSを搭載した「iPad」では、マルチウインドウのサポートやホーム画面の改良、アクセシビリティ機能としてのマウスのサポート、Macの外部ディスプレイとして利用出来る機能などが利用可能になると噂されてきましたが、この大幅な改良に伴い「iPadOS」として独立させる計画の模様。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。