「iTunes」は廃止へ − iOSデバイスの管理は「ミュージック」アプリに移行

BloombergのMark Gurman氏が、6月3日に開幕する「WWDC19」で発表される内容を紹介するまとめ記事を公開しており、その中で「iTunes」が役目を終えることを報告しています。

Appleは「iTunes」に代わるものとして、新たに「ミュージック」、「TV」、「Podcast」のアプリを用意し、ユーザーは「iTunes」ではなく「ミュージック」アプリを通してiOSデバイスを管理出来るようになるとのこと。

先日、9To5MacのGuilherme Rambo氏も「iTunes」は「ミュージック」に改名されると報告しており、以前の情報では「iTunes」はまだ残るとも言われていましたが、「ミュージック」アプリに置き換えられ、廃止となる可能性が高そうです。

「iTunes」は約18年前の2001年1月9日に初めて発表され、音楽を聴いたり、テレビ番組や映画を見たり、Podcastを聴いたりするのに使用されてきましたが、まもなくその役目を終えるようです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。