iFixit、「MacBook Pro 15インチ (2019)」の分解レポートを公開

iFixitが、先日に発売された「MacBook Pro 15インチ (2019)」の分解レポートを公開しました。

分解レポートに用いられているのは「MacBook Pro 15インチ (2019)」の標準モデル(Core i7/16GB RAM/256GB SSD)で、内部仕様や内部のデザインは前モデルである2018年モデルと同じ内容となっており、発表通り、CPUとキーボード部分の改良のみの変更となっています。

また、主な部品の供給元は、RAMはSK Hynix、SSDは東芝、T2チップのメモリはMicronなどとなっています。

キーボードに関しては、前モデルに比べ、スイッチカバーの素材が半透明のポリアセチレン系のものから透明のポリアミド(ナイロン)系のものに変わっており、キースイッチの下にあるメタルドームも僅かながら構造に変更が加えられています。

なお、修理し易さを示すスコアは10点満点中1点と、ユーザー自身での修理は不可能との評価になっています。

MacBook Pro 15″ Touch Bar 2019 Teardown – iFixit

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。