「Microsoft Edge for Mac」のCanaryビルドが非公式でダウンロード可能に

現在、MicrosoftはWindows 10向けにChromium版「Microsoft Edge」のベータ版を提供していますが、本日、「Microsoft Edge」のMac版が非公式でダウンロード可能になりました。

これはMicrosoft関連のリーク情報などでお馴染みのWalkingCat氏がダウンロードリンクのURLを公開したことから可能になったもので、「Microsoft Edge for Mac」のCanaryビルドとなっており、バージョンは”76.0.151.0″となっています。

ダウンロードは同氏のツイートに記載されているURLから可能ですが、あくまで正式公開前の非公式版の為、ダウンロードは自己責任でお願いします。

なお、Microsoft Edge Insiderのページでは、Mac版の提供はまだ開始されていません。

【UPDATE】
その後、Devビルドもダウンロード可能になりました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。