Microsoft、「Microsoft Edge」のInternet Explorerモードを発表

本日、米Microsoftが、開発者向けカンファレンス「build 2019」において、Chromium版「Microsoft Edge」にInternet Explorerモードを搭載することを発表しました。

同モードはInternet Explorerのレンダリングエンジンを利用してウェブサイトを表示するモードで、依然としてInternet Explorerを必要とする社内ウェブサイトにアクセスする際など、主に企業ユーザー向けの機能となっています。

他にも3つのプライバシーレベルを設定出来る新しいプライバシーツールも発表されており、これら機能は今年後半の導入が予定されています。

なお、Chromium版「Microsoft Edge」の正式リリース時期は発表されませんでした。

Microsoft Edge for Mac

また、Chromium版「Microsoft Edge」のベータビルドは、現在はWindows 10向けのみ提供されていますが、「build 2019」ではmacOS向けの「Microsoft Edge」もチラ見せされたようで、下記がそのGIFアニメとなっています。

[via The Verge 1/2

4 COMMENTS

匿名

まぁ、そう簡単には切れないよね…。
シェアを増やしすぎた弊害ともいえる。
windowsも、IEも、大きなジレンマだ。

匿名

動作環境:Internet Explorer(※Microsoft EdgeのInternet Explorerモードは対象外です)

現在コメントは受け付けておりません。