最新の情報をもとに作成された次期「iPhone」のレンダリング画像

インドのCashKaroというサイトが、著名リーカーのOnLeaks氏と協力を受けて、次期「iPhone」の最新のCADレンダリング画像を公開しています。

次期「iPhone」は三角形に配置された3眼カメラが特徴で、カメラ部分の出っ張りは引き続き存在しているものの、より滑らかなデザインとなっています。

また、ディスプレイ上部には引き続きノッチが存在しており、フロント側は大きなデザイン変更はないものの、「iPhone XS」に比べるとベゼルの幅が少しだけ細くなっているそうです。

5.8インチモデルの本体サイズは143.9×71.4×7.8mm(カメラの出っ張りを含むと9㎜)で、本体左側面にあるミュートボタンのデザインも変更される模様で、引き続き、Lightningコネクタが採用されるようです。

あくまで現時点での情報をもとに作成された画像の為、正式発表時にはもう少し変更が加えられる可能性もあります。

なお、同時に360度動画も公開されているので、是非ご覧下さい。

6 COMMENTS

匿名

カメラ部分がクソダサい。
昔のアップルは多少コスト上がっても「レンズ3つだから出っ張りは三角形」くらいの事はやったのに。

匿名

糞ダサ… 頼むからマジでカメラの出っぱり無くしてくれ。
ていうか、もうカメラの機能とかレンズ増やすとかどうでも良いよ。

匿名

筐体全体をもう1ミリ程度厚みを増やすだけでデベソは防げるのにな
それともその数ミリがないと撮影に影響が出るのか?あるいはケース屋への忖度なのか

現在コメントは受け付けておりません。