最新の情報をもとに作成された次期「iPhone」のレンダリング画像

インドのCashKaroというサイトが、著名リーカーのOnLeaks氏と協力を受けて、次期「iPhone」の最新のCADレンダリング画像を公開しています。

次期「iPhone」は三角形に配置された3眼カメラが特徴で、カメラ部分の出っ張りは引き続き存在しているものの、より滑らかなデザインとなっています。

また、ディスプレイ上部には引き続きノッチが存在しており、フロント側は大きなデザイン変更はないものの、「iPhone XS」に比べるとベゼルの幅が少しだけ細くなっているそうです。

5.8インチモデルの本体サイズは143.9×71.4×7.8mm(カメラの出っ張りを含むと9㎜)で、本体左側面にあるミュートボタンのデザインも変更される模様で、引き続き、Lightningコネクタが採用されるようです。

あくまで現時点での情報をもとに作成された画像の為、正式発表時にはもう少し変更が加えられる可能性もあります。

なお、同時に360度動画も公開されているので、是非ご覧下さい。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。