Apple、「Apple AC 電源プラグ (3芯) 交換プログラム」を発表

本日、Appleが、英国、シンガポール、香港向けに設計された3芯のApple AC 電源プラグがごくまれに故障し、露出している金属部品に手で触れると感電する危険性があることが判明したことから、対象製品を無償交換する「Apple AC 電源プラグ (3芯) 交換プログラム」を発表しました。

対象の電源プラグは、2003年から2010年にかけてMacや一部のiOSデバイスの同梱物として出荷され、また、Apple ワールドトラベルアダプタキットにも含まれていたもので、対象となる電源プラグを持っているユーザーはこちらのページで確認し、交換手続きを進めることを推奨しています。

日本在住の方で対象となる方は少ないと思いますが、手元に3芯の電源プラグがある方は是非確認を。

Apple AC 電源プラグ (3芯) 交換プログラム

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。