Apple、2020年3月に「iPhone 8」のアップデート版を投入??

DigiTimesによると、台湾のEconomic Daily Newsが、Appleが2020年3月に「iPhone 8」のアップデート版を投入するかもしれないと報じていることが分かりました。

この新しい「iPhone 8」は、ディスプレイサイズは4.7インチから変わらないものの、A13チップが搭載され、128GBのストレージや新しい基板設計、シングルカメラなどが特徴になるとのことで、OppoやVivoのような中国のライバルに負けている中堅市場のシェア拡大に向け投入され、価格は20,000台湾ドル(約72,500円)になるとみられています。

また、同モデルの生産は台湾のPegatronが受注する可能性が高く、その生産台数は2,000万台に達すると予想されています。

ただ、Economic Daily Newsが報じる情報の中には信憑性が低いものも多く、現時点では噂程度で捉えておいた方が良さそうです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。