JAL、「Google Pay」に対応したモバイル搭乗券サービスを提供開始

本日、JALが、国内線の新たなサービスとしてGoogleが提供する「Google Pay」に対応したモバイル搭乗券サービスの提供を開始しました。

JALでは、これまでiPhoneの「Wallet」アプリやスマートウォッチでのモバイル搭乗券サービスを提供してきましたが、本日よりAndroid搭載スマホのユーザーにも、より便利に航空券を管理し、搭乗出来るよう「Google Pay」に対応したモバイル搭乗券サービスの提供を開始しています。

「Google Pay」は、決済や購入履歴、ポイントやクーポンを1ヵ所にまとめて管理することができるGoogleの支払いサービスのアプリで、JALの国内線搭乗券を「Google Pay」に保存することで、アプリケーションからすぐに搭乗券を表示させることができ、従来のICやバーコードなどの媒体と同様に、空港でのチェックインや搭乗時に利用可能です。

また、搭乗当日には利用する端末のロック画面にフライトを知らせる通知機能も利用可能となっています。

対象の端末は、Android 5.0以降を搭載し、「Google Pay」が利用可能なAndroid搭載スマホで、利用方法は、予約・購入後、スマートフォンのWebサイトにて搭乗用バーコード取得画面に表示される「Google Payに保存」ボタンをタップすると、「Google Pay」にモバイル搭乗券が保存可能です。

利用方法 – JAL
ニュースリリース

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。