次期iPhone、3眼カメラ搭載モデルは6.1インチと6.5インチの2モデルに

本日、Macお宝鑑定団Blogが、中国の信頼出来るサプライヤー関係者の話しとして、2019年に発売される次期「iPhone」のうち、3眼カメラ仕様の次期「iPhone」は、6.1インチ有機ELと6.5インチ有機ELモデルの2種類となるようだと報じています。

6.1インチ有機ELモデルは、「iPhone XS」と「iPhone XR」の中間サイズとなり、「Samsung Galaxy S10」に近いサイズになるようで、「iPhone XS」と比べて、本体の厚みは約0.15mm厚くなるものの、背面カメラの突出部分が約0.5mm減るため、トータルで約0.1mm厚みが増すだけの模様。

また、6.5インチ有機ELモデルは、「iPhone XS Max」と比べて、本体の厚みは約0.4mm厚くなるものの、背面カメラの突出部分が約0.25mm減るため、トータルで約0.2mm厚みが増すだけだそうです。

さらに、3眼カメラは、どれも「iPhone XR」の背面カメラよりも大きなレンズユニットを採用する可能性が高く、センサーサイズもアップする可能性があるとのこと。

そして、この2モデルにはUSB-C – Lightningケーブルと18W USB-C電源アダプタが同梱され、Apple Watchや他のQiワイヤレス充電機器を充電出来る双方向ワイヤレス充電機能が搭載されている可能性が高いそうです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。