2020年発売の「iPhone」は全て有機ELディスプレイを採用か - 5.42/6.06/6.67インチの3サイズとの情報も

DigiTimesが、台湾の携帯電話用部品のサプライチェーンの情報筋の話として、Appleは2020年に5.42インチ、6.06インチ、6.67インチの3サイズの有機ELディスプレイを搭載した「iPhone」を発売する予定だと報じています。

また、2019年に発売されるモデルは、現行モデルと同じディスプレイサイズとディスプレイが引き続き採用されるとのことで、5.8インチと6.5インチの有機ELディスプレイ搭載モデルと6.1インチの液晶ディスプレイ搭載モデルのラインナップになるとのこと。

さらに、2020年に発売される5.42インチモデルには、Samsung DisplayのY-OCTAと呼ばれるon-cellタッチフレキシブルOLEDか、LG DisplayのTOEと呼ばれるタッチ技術が採用される可能性があり、両方のタッチソリューションを採用することでディスプレイのコストダウンに繋がるとみられています。

ただ、技術力から判断すると、Samsungが2020年も引き続き「iPhone」の主要有機ELディスプレイサプライヤーとなる見込みで、LG DisplayやBOE Technologyが受注出来るかどうかは依然として不透明な模様。

4 COMMENTS

匿名

6.06インチはXRのサイズそのもの、6.67インチはXS Maxを大型化した後継なのは想像つくけど5.42インチは新しいですね
もし5.4インチでX系のiPhoneを作るならiPhone 8にかなり近いサイズ感が見込めそうだしiPhone 8以前に残る小型需要をある程度はカバーできるかも
とりあえずXSとXRでたった0.2インチ程度しか差がない今のラインナップよりは幅広くなってだいぶ良いと感じます

匿名

画面サイズはどうでもいいからいい加減端子はUSB-Cに統一してくれないかな
Macbook系とiMac Pro、mini、iPad ProはType-Cメインなのに直近のiMacはなぜかType-Aメイン、
iPhoneはもちろんPro以外のiPadやmac関連のマウスやキーボードの端子はLightning
いくらなんでも酷すぎる

現在コメントは受け付けておりません。