Twitter、モバイル向け公式アプリに真のダークモードである「Lights out」モードを正式に導入

本日、Twitterが、モバイル向け公式アプリにおいて、真のダークモードである「Lights out(ブラック)」モードを正式に導入したことを発表しました。

これまでの”夜間モード”は少し青みがかったカラーでしたが、今回導入された「Lights out」モードはより真っ黒なカラーが特徴で、目の疲れの軽減や、有機ELディスプレイを採用したデバイスでのバッテリー駆動時間の改善などが期待でき、「Lights out」モードの導入に伴い、従来の”夜間モード”は”ダークブルー”に変更され、”Lights outモード”は”ブラック”となっています。

なお、「設定とプライバシー>画面表示とサウンド」の「ダークモード」をオンにすることで、「ダークブルー」と「ブラック」を選択することが可能となっており、同機能は本日より順次提供開始なので、まだ利用出来ない方は少し待ってみると良いと思います。

また同時に、日没と夜明けでダークモードのオン/オフを自動で切り替える機能も導入されています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。