Apple、「iWork」を来週にアップデートへ − 日本語の縦書きに対応

PC Watchによると、AppleがiOSおよびmacOS向けの「iWork」のアップデートを来週より実施し、中国語、日本語、韓国語において縦書きが可能になることが分かりました。

このアップデートにより、中国語、日本語、韓国語において、テキストボックスや図形の内部、Pages書類の本文に縦書きが使用可能となり、「Pages」では新たに縦書きテキストのテンプレートが3種類用意されるそうです。

また、iOS版では「Apple Pencil」または指によるオブジェクトのアニメーション設定が可能になる他、「Keynote」のアニメーションエンジンがiOSでも利用可能になったり、スライドをアニメーションGIFとして書き出すことも可能になるとのこと。

来週より実施とのことなので、3月25日(日本時間3月26日未明)のイベント後にアップデートがリリースされる可能性が高そうです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。