Appleが設計したとされるARMベースの「Mac」用プロセッサのベンチマークデータ??

以前よりAppleはARMベースのプロセッサを採用した「Mac」を開発しいぇいると噂されていますが、/LEAKSに、Appleが設計したARMベース「Mac」向けプロセッサのベンチマークデータとされる怪しげなスクリーンショットが投稿されています。

ベンチマークデータはCPUの性能を測定するベンチマークサービス「Geekbench」のもので、2種類のプロセッサがあり、1つ目は10コアで動作周波数は3.4GHzとなっており、ベンチマークスコアはシングルコアが7335、マルチコアが20580となっています。

もう1つは、12コアで動作周波数は3.1GHzとなっており、ベンチマークスコアはシングルコアが6912、マルチコアが24240となっています。

この両方のプロセッサはAppleによって設計されたARMベースのプロセッサとのことですが、現在はGeekbenchのデータベースを検索してもヒットせず、Geekbenchのデータは加工が可能で偽情報も時折ある為、信憑性のほどは不明です。

もしこのデータが本物である場合、シングルコア性能は既存のどのMacよりも高く、マルチコア性能は現行の「MacBook Pro 15インチ」と同等のレベルとなっています。

これまでの噂では、ARMベースの「Mac」の登場は早ければ2020年になるとみられています。

Mac Benchmarks – Geekbench

スポンサーリンク