台湾のプリント基板メーカー、新型「iPad」と新型「AirPods」の量産に向け準備中か

Appleが現地時間3月25日に開催するスペシャルイベントで新型「iPad」や新型「AirPods」が発表されるとの噂がありますが、本日、DigiTimesが、業界筋の話として、台湾のプリント基板メーカーが新型「iPad」や新型「AirPods」の量産に向け準備を進めていると報じています。

台湾のフレキシブルプリント基板メーカーであるFlexium InterconnectとZhen Ding Technologyの2社は新型「iPad」の量産に向け準備を進めており、Compeq ManufacturingとUnitech PCBの2社は新型「AirPods」向けにリジッドフレキシブル基板を供給するとのこと。

また、情報筋によると、Appleは3月25日のイベントで新型「iPad」と新型「AirPods」を発表する予定のようだとも報じています。

これら情報の信憑性は不明ですが、3月25日のイベントは動画や雑誌・ニュースの定期購読サービスの発表に重点を置いたものになると噂されています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。