Microsoft、「Windows 7」のユーザーに対しサポート終了日を案内する通知を来月より実施へ

2020年1月14日の「Windows 7」のサポート終了まで残り10ヶ月となりましたが、The Vergeなどによると、Microsoftが「Windows 7」を利用中のユーザーに対し、サポート終了を警告するプッシュ通知を行うことを計画していることが分かりました。

通知は来月より順次開始され、サポート終了の日付を知らせることを目的としており、通知を何度も表示させないよう”今後通知しない”のオプションも用意されるとのこと。

「Windows 7」は現在は延長サポート期間となっており、セキュリティ更新プログラムのみが提供されていますが、2020年1月14日以降はセキュリティ更新プログラムの提供も終了となります。

サポート終了後も使用することは問題ないですが、脆弱性などが修正されなくなる為、セキュリティ面でのリスクが出て来ます。

OSにはサポート期限があります! – Microsoft

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。