「Windows 7」のサポート終了まで残り1年

本日1月14日をもって、「Windows 7」のサポート終了までちょうど残り1年となりました。

「Windows 7」は、2015年1月13日に新機能の追加などが行われる「機能更新プログラム」と不具合や脆弱性の修正が行われる「セキュリティ更新プログラム」の両方が提供されるメインストリームサポートが終了しており、現在は「セキュリティ更新プログラム」のみが提供される「延長サポート」の期間となっていますが、その「延長サポート」もちょうど1年後の2020年1月14日に終了する予定です。

「延長サポート」の終了後もPCは利用可能なものの、「セキュリティ更新プログラム」が提供されなくなることから、新たな脆弱性が見つかっても修正されなくなります。

「Windows 7」のサポート終了までまだ1年ありますが、まだ「Windows 7」を利用中の方は、早めに「Windows 10」への移行を検討することをオススメします。

ちなみに「Windows 8.1」は2023年1月10日にサポート終了となる予定です。

OS にはサポート期限があります! – Microsoft

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。