LINE、スマートディスプレイ「Clova Desk」を3月19日に発売へ

本日、LINEが、Aiアシスタント「Clova」を搭載したスマートディスプレイ「Clova Desk」を3月19日に発売することを発表しました。

同製品はディスプレイを搭載したスマートスピーカーで、7インチ液晶ディスプレイ(1024×600ピクセル)が搭載されており、ホームスクリーンに天気や家族の予定、電車の運行情報、LINEの新着通知などを常時表示する他、クックパッドのレシピやAbema TVで放送中の番組を表示したり、問いかけた質問に対して音声と画面表示で返答することが可能となっています。

また、IR(赤外線)ポートも搭載しており、声で操作できる赤外線リモコン機能が利用可能となっているのも特徴で、計60社のエアコン、照明、テレビに対応するプリセットに加え、学習機能が搭載されています。

さらに、3000mAhのバッテリーを内蔵していることから、電源がなくても単体で動作し、動作環境により異なるものの、スタンバイで約3時間、音楽再生で2時間動作するとのこと。

カラーバリエーションはホワイトとブラックで、価格は2万7540円(税込)となっており、3月19日に発売されます。

なお、LINE Clova 公式オンラインストアでは、3月31日までの期間限定で、スマートスピーカー「Clova WAVE」を通常14,000円のところを5,050円(税込)で販売するセールも開催されています。

Clova Desk – 公式サイト
LINE Clova 公式オンラインストア

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。