「Skype for Web」、リニューアルに伴い「Safari」や「Firefox」などのサポートを終了

先日、Microsoft傘下のSkypeが、「Skype for Web」のリニューアルを発表し、デスクトップ版との機能の共通化などが行われましたが、このリニューアルに伴い、Appleの「Safari」など一部ブラウザのサポートを終了しています。

「Skype for Web」がサポートするブラウザは最新版の「Microsoft Edge」と「Google Chrome」となっており、この2つのブラウザだけのサポートになった理由としては、通話やリアルタイムメディア技術がブラウザごとに実装方法が異なっており、両ブラウザでサポートすることを優先した結果とのこと。

また、「Safari」だけでなく、「Firefox」や「Opera」も同時にサポート終了となっており、Macユーザーの場合は「Google Chrome」を利用する必要があります。

なお、このリニューアルでは、HD品質のビデオ通話や通話の録音が可能になった他、通知パネルや会話内検索、メディアギャラリーといった機能が搭載されています。

Skype for Web

[via Venturebeat

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。