Chromiumベースの「Microsoft Edge」のプレビュービルド、リリース当初は「Windows 10 (64bit)」のみサポート

Microsoftは「Microsoft Edge」をChromiumベースに移行することを発表しており、まもなくInsider Programにおいてプレビュービルドのテストが開始される予定ですが、本日、米Microsoftが、「Microsoft Edge」のプレビュービルドのインストールに関するトラブルシューティングをまとめたサポートページを公開しました。

同ページが公開されたことにより、プレビュービルドの提供が近いことが予想されますが、同ブラウザのプレビュービルドは、リリース当初は64bit版「Windows 10」でしか利用出来ないことが分かりました。

同ページでは、“Microsoft Edge Insider buildsは、現在、「Windows 10 (64bit)でのみ利用可能です。現時点では他のバージョンのWindowsはサポートしていません。”と案内されており、リリース当初はWindows 10 (64bit)のみのサポートとなり、「Windows 10 (32bit)」や「Windows 8/7」では試用出来ないようです。

なお、Chromiumベースの「Microsoft Edge」は、2019年中に「Windows 7/8/10」と「macOS」向けにリリースされる予定です。

[via Neowin

Chromiumベースになった「Microsoft Edge」のスクリーンショット

Microsoft、「Microsoft Edge」のChromiumベースへの移行を正式発表 − 「Windows 7/8」や「macOS」向けにもリリースへ

2 COMMENTS

匿名

ようやくプレビュー来るのか。
楽しみだなぁ…正式版はよ!

現在コメントは受け付けておりません。